薄毛の女性が急増中!薄毛予防ガイド

HOME >>  女性の薄毛の原因 > 加齢による薄毛

加齢による薄毛

女性は薄毛になる人が少ないという話を聞いたことがある人もいると思います。これはホルモンの働きが影響していると言われており、女性ホルモン優位である女性は男性と違って薄毛になりにくいのです。今回は、女性の加齢による薄毛について詳しくご紹介致します。

◎加齢とともに女性ホルモンが減るから薄毛になる!?
加齢とともに段々女性ホルモンの分泌は衰えていきます。ちなみに更年期障害も女性ホルモンの低下が招いてしまうそうです。男性に薄毛が多いのは、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンの1つが多いことも理由の1つだと言われています。もちろん、ホルモンですから女性の体内にも男性ホルモンは存在しています。

女性ホルモンがきちんと分泌されている状態下では男性ホルモン優位となることはほとんどないです。ですが、加齢によって次第に女性ホルモンの分泌が減少していくと、男性ホルモンが優位となってしまうのです。最近髪の毛が昔と比べて細くなった・抜け毛が増えた・明らかに薄毛になった、などの悩みを抱えている人は、女性ホルモンの減少が引き金となっている可能性が高いです。

◎解決策
加齢による薄毛を解決するには、「生活習慣を正しいモノにする」「食生活を改善(バランスよく食べる)」「運動不足を解消する」などの肉体的な加齢を食い止める努力が必要です。どう足掻いても、加齢を完全に止めることはできません。

しかしながら、女性ホルモンの減少をできるかぎり抑えることはできます。老化原因である活性酸素の働きを抑制する『抗酸化成分』が入った食べ物などを摂ったり、育毛剤を利用してみるのも良いでしょう。

© 2015 薄毛の女性が急増中!薄毛予防ガイド All Rights Reserved.