薄毛の女性が急増中!薄毛予防ガイド

HOME >>  薄毛の症状 > 瀰漫性(びまん性)脱毛症

瀰漫性(びまん性)脱毛症

薄毛に悩んでいる女性の多くがかかっていると言われている瀰漫性脱毛症。今回は、そんな瀰漫性脱毛症についてご紹介致します。

◎瀰漫性脱毛症とはどんなもの?
瀰漫性脱毛症とは、髪全体が薄くなる症状のことです。男性の薄毛というのは一箇所だけが薄くなることが多いと言われていますが、女性の場合は、「髪全体のボリュームがなくなる」「地肌が目立つようになった」「髪が細くなった」「コシがなく、ぺったんこ」などの症状がある瀰漫性脱毛症を患う場合が多いです。

少しずつ症状が進行していくため、気づいた時にはかなり症状が進行してしまっている状態だったということも少なくないこの症状。AGAと呼ばれる男性型脱毛症の女性バージョンであることから、FAGA(女性男性型脱毛症)という名前で呼ばれることもあります。

◎原因
瀰漫性脱毛症が起こる原因としては下記のことが考えられます。

1.加齢
加齢とともに女性ホルモンが減少し、男性ホルモンが優位となってくることで瀰漫性脱毛症が起こることも。また、頭皮の潤いを保つ役割を持つコラーゲンや皮脂の減少も影響すると言われています。

2.ピルの服用
ピルを服用している間は女性ホルモンが多くなるので良いのですが、服用をやめると脱毛が増えます。

3.ダイエットや偏食
ダイエットや偏食によって髪に必要な栄養が不足してしまい、その結果瀰漫性脱毛症が起こることも。

4.ストレス
自律神経が乱れてしまい、血管が収縮してしまって頭皮に必要な血液が行き渡らず、細い髪の毛しか生えてこなくなってしまったり、脱毛が起こってしまったりします。

◎対策方法
生活習慣を正しいものにすることが必要不可欠です。適度な運動も取り入れるようにすると良いでしょう。また、育毛剤や育毛用シャンプーなどを使って頭皮のケアをすることも大切です。

© 2015 薄毛の女性が急増中!薄毛予防ガイド All Rights Reserved.