薄毛の女性が急増中!薄毛予防ガイド

HOME >>  薄毛の症状 > 分娩後脱毛症

分娩後脱毛症

出産した途端、抜け毛がかなり酷くなった、という人は多いです。これは分娩後脱毛症というもので、通常の抜け毛とは原因が違います。『具体的にどんな症状・原因・対策方法があるの?』という疑問を持っている人のために、今回は分娩後脱毛症についてご説明していきたいと思います。

◎分娩後脱毛症とは
産後脱毛症と呼ばれることもある分娩後脱毛症は、出産した女性が経験する抜け毛です。症状としては、全体的にボリュームが少なくなる・髪の毛が細くなる・頭皮が見える、などがあります。『ブラシで髪を梳いていたらごっそり髪の毛が抜けてしまった』『シャンプーしていたら、自分の両手に大量の髪の毛が付着していてびっくり』などの経験をした女性もいることでしょう。

しかし、安心して下さい。分娩後脱毛症は他の脱毛症と違ってずっと続くものではありません。子供を産んで半年から一年くらい経てば自然に元に戻ります。もし一年以上症状が続くようであれば病院で受診してみることをお勧めします。

◎原因
ずばり、女性ホルモンの変化が原因です。妊娠中、女性ホルモンの中でも黄体ホルモンというホルモンがかなり活発に分泌されるのですが、出産をしたと同時にその生成はおさまります。そのため、妊娠中に本当は抜けるはずだった髪の毛が出産したことで一気に抜けていくのがこの分娩後脱毛症の原因なのです。

◎対策方法
何もしなくても、半年から一年くらいで症状はおさまりますが、それまで待てないということであれば育毛剤や育毛シャンプーなどを利用してケアをおこなうと良いでしょう。

© 2015 薄毛の女性が急増中!薄毛予防ガイド All Rights Reserved.