薄毛の女性が急増中!薄毛予防ガイド

HOME >>  薄毛の症状 > 脂漏性(しろう性)脱毛症

脂漏性(しろう性)脱毛症

今回は、脂漏性脱毛症についてご紹介していきます。

◎脂漏性脱毛症とは何?
脂漏性脱毛症というのは、ホルモンバランスが異常な状態になることで皮脂が大量分泌し、皮脂が毛穴を塞いでしまうことで起こる炎症です。炎症が起きると抜け毛が増え、薄毛となってしまいます。ちなみに、皮脂が毛穴を塞ぐことによって抜け毛が起こるわけではなく、皮脂が毛穴を塞いだ周辺にいる細菌が繁殖してしまった結果、炎症が起こって髪が抜け落ちる症状になります。

この脂漏性脱毛症を患う人の数はかなり少なく、滅多に脂漏性脱毛症を患う人はいないのですが、育毛サロンなどだと『脂漏性脱毛症です』と言われることが多いようです(実際は他に原因があったとしても)。目に見えるほど皮脂が毛穴を塞いでおり、その皮脂を取り除くと毛穴が赤く炎症を起こしているのがはっきりとわかります。

ちなみに、皮脂をいくら取り除いたとしてもすぐ毛穴から皮脂が分泌されてくるのでベタベタした状態が途切れることはありません。ひどくなると脂漏性皮膚炎になってしまい、痛みや痒みをともなう場合もあります。脂漏性皮膚炎になってしまったら、皮膚科の受診を強くオススメします。

◎原因
前項目でも書いたとおり、ホルモンバランスの乱れが原因と言われていますが、それ以外にも何か原因があるかもしれません。はっきりとした原因についてはいまだわかっていないようです。ただ、ストレスや栄養バランスが悪いことも関わっている可能性があります。

◎対策方法
皮脂の過剰分泌が原因であるため、その皮脂を刺激が少ないシャンプーで取り除くことにより、頭皮の細菌が過剰に増えてしまわないようにすることが大切です。水分と油分のバランスが悪いことも考えられますから、育毛剤などで栄養素・水分などを摂取するのも良いでしょう。また、ビタミンB群・食物繊維などを多く摂取するのもおすすめです。肉類・スナック菓子などは控えましょう。ストレスを溜めない生活を送ることも重要です。

© 2015 薄毛の女性が急増中!薄毛予防ガイド All Rights Reserved.